ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

オーストラリアの森林火災の実態 ~自然現象とイデオロギー~ 

オーストラリアの森林火災の実態 ~自然現象とイデオロギー~  地球
オーストラリアの森林火災の実態 ~自然現象とイデオロギー~ 


昨年から、オーストラリアの沿岸を焼き尽くすほどの森林火
が続いていました。

「森林火災なんて自然現象だし、避けようがないんだろう?」と思われているかもしれません。

オーストラリアの森林火災は、そうも言い切れない問題を抱えているようです。 

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

 

スポンサーリンク

オーストラリアの森林火災の実態 

オーストラリアでは、2019年9月から2020年1月にかけた5ヶ月間、森林火が拡大し続けました。延焼面は約103,000平方キロメートル、なんと この面積は日本の国土の3分の1に相当します。 

死者はわかっているだけで33名。森林火としてはまれに見る大惨事となりました。オーストラリアと言えば、固有の物であるコアラ、カンガルーが有名です。これらの物にとって、森林は切っても切り離せない生活空間です。

コアラに至っては、森林を成している樹木の上で生活しているわけで、森林火災は死に直結してしまいます。8000ものコアラが犠牲になりました。

森林火で被害を受けた動物救援活動を支援するために、石鹸販売で有名な「ラッシュ」では、コアラ型ソープを販売するチャリティーイベントを開催しました。2月に入ると、今度は豪雨被害に悩まされているようです。 

現在は豪雨のおかげで、森林火の方は沈静化に向かっています。

 

出火の原因は「放火」か?

去の火災においても、落雷や樹木同士の摩擦による「自然的発火」は15%で、残りの85%が放火を含む人為的要因によるものという統計が出ています。

今回の森林火に際しては、放火の容疑でなんと200名近くの逮捕者が出ています。「火をつけたとしても、そこまで燃え広がるものなのか?」という疑問が出ると思います。

ここまで燃え広がってしまう原因は、燃えているのがコアラの主食となっている「ユーカリ」の木だからです。ユーカリには「テルペン」という揮発性の高い引火性物が含まれています。 

の高温によって、ユーカリからテルペンが揮発し、周辺に充満したテルペンに次々と引火していくのです。 

 

スポンサーリンク

「ダイポールモード現象」から「温暖化」につなげるNHK 

今回の森林火を調べたときに、必ず出てくる気象現象が「ダイポールモード現象」です。

「ダイポールモード現象」とは、インド洋において、西側の温度が高く側の温度が下がることで、インド洋上空に西高東低の気圧配置が顕著になることを指します。

結果、インド洋に面した最端のオーストラリアにおいて、高温と乾燥をもたらす、とされています。

 「ダイポールモード現象」についてNHKの「クローズアップ現代」では海洋研究発機構アプリケーションラボ土井威志博士によって、下記のような解説がされました。

「普通なら11月の終わりぐらいから消え始めるんですけども(1月初旬でも)まだ消えきっていない。」
(引用:NHK クローズアップ現代「“地中が燃える”豪森林火災の脅威~異常気象のリスク~」) 

なるほど。今年に入ってもまだこの現象が続いているから、例年以上に火が長引いた、ということはわかりました。しかしこの、同博士の口から突如『あのワード』が出現しました

「一説によると温暖化行することによってインド洋ダイポールモード現象が甚大化する、あるいは頻発化する、というようなことが言われています。」
(引用:NHK クローズアップ現代「“地中が燃える”豪森林火災の脅威~異常気象のリスク~」) 

スポンサーリンク

NHKはどうしても、温暖化を非難したいようです現在地球が温暖化している傾向が、我々人を含む地球の生命にとっていいことか悪いことかは、世界の学者の間でも意見がわかれています。

「公正中立」をうたっているNHKにおいて「温暖化は悪」という偏った識を押し出すことには、非常に疑問を感じます。

検索ワードによって異なる記事の傾向 

調べてみて、面白い傾向を発しました。「オーストラリア 森林火」で検索すると、NHKを初めとする「温暖化」理論の記事が上位表示されます。 

しかし「オーストラリア 森林火 原因」で検索すると「人為的な要因」である記事が上位表示されます。つまり「オーストラリア 森林火」と2語の少ないキーワードだと、どうしてもNHKのような大手サイトが上位表示されてしまいます。 

キーワードは短い方が検索されやすく、結果強いサイト、知名度のあるメディアのイデオロギーが、世間に周知されてしまう傾向があります。

大手メディアのウソかホントかわからないイデオロギーは、まるで森林火のように広がってしまうことには、今後より注意が必要です。

 

いかがでしたか?
森林火はずっと、オーストラリアに住む人や動物を悩ませてきました。原因が年々、自然現象から人的に推移していったという事実は、とてもショッキングです。今回のような大惨事となる森林火もあれば、豪雨もあります。つまり「相反する自然の摂理」によって、どちらも永に続くことはありません。ましてや「温暖化」という、人によって数年前から提唱され出した理論は、自然災害の前では無意味なのです。「オーストラリアでの放火や火の不始末は、国土を焼き尽くすかもしれない」という教訓となってしまいました。
参考 : bbcNHKWikipedia, など
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました