ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

宇宙人を最初に見つける国はどこ!? ~宇宙で起こる国際競争~

宇宙人を最初に見つける国はどこ!? ~宇宙で起こる国際競争~ UFO 異星人
宇宙人を最初に見つける国はどこ!? ~宇宙で起こる国際競争~

 

2020年を迎え、これから新たな時代が始まろうとしているなか、人類と地球外生命体が遭遇する日は刻一刻と迫ってきています。最初に地球外生命体を発見するのはどの国なのでしょうか。

現在の見通しでは、地球外生命体の発見を巡る国際競争において優勢なのは中国であるといわれています。これらの異星人探索の可能性を、私らららがご紹介いたします。

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

中国の圧倒的な技術進歩

スーパーコンピューターや人工知能など、あらゆる最先端技術を牽引する中国ですが、その地位は宇宙探査においても確固たるものです。現在の状況を鑑みると、地球外生命体を発見する可能性が最も高いのは中国なのです。

「500メートル球面電波望遠鏡」という世界最大の望遠鏡が、中国南西部の平塘県(へいとうけん)に建設されました。この望遠鏡は天眼と呼ばれており、中国が本気で宇宙探査に取り組んでいる姿勢が読み取れます。

天眼の直径は500mで、それまで世界最大であったアレシボ天文台の200mより300mも大きくなっています。電波をキャッチする面積も2倍以上になっており、矮小な天体からの電波や遠く離れた天体からの電波も検知できるようになりました。

莫大なエネルギーが宇宙空間で突然放出される、高速電波バースト(FRB)という謎の現象の正体も天眼によって解明されることが期待されています。

中国のエンジニアでSF作家でもある劉慈欣(りゅうじぎん)氏は天眼の内部を視察し、天眼では宇宙人が通信に使う電波を受信することも可能なのではないかと語っています。

専門家たちも天眼に大きな注目を寄せています。世界最大の電波望遠鏡を所有している以上、宇宙からのメッセージを最初に受信するのは中国で間違いありません。

天眼は半径5キロ以内に人が住む街がなく、宇宙からの電波をキャッチするのには絶好の環境です。

天眼は、遠く離れた宇宙人の声を聴き取る”耳”でもあります。中国から宇宙人の発見に関する報告を聞く日はそう遠くないでしょう。

スポンサーリンク

宇宙人との遭遇は時間の問題

未知の生命との遭遇にあたって、気になるのは宇宙人がどのような見た目をしているのかということです。北京天文館のジン=ヘアロン氏はこう語っています。

「地球外の惑星に存在する生命体は人間と全く異なる外見をしているでしょう。体の構造の基本となる元素が人間とは違って、炭素ではない可能性もあります。」

元素レベルで違いがあるとすると、宇宙人の容姿は全く想像もつかないようなものになってしまいます。人間をベースとした生命体しか想定しないでいると、地球外生命体を発見するのは非常に難しくなります。

中国の国立天文台で天体物理学の研究をしているマオ=シュウド教授は、宇宙人についてはあらゆる可能性を想定して調査を行うべきだと主張し、宇宙から多くのサンプルを取得することが宇宙人の発見への最短の道であると語っています。

また、中国の人気SF作家であるハン=ソン氏は、現代のインターネット社会から読み取れるように人間とはつながりを求める生き物であり、本能的に孤独に耐えられないようになっているのだと語っています。

また、ハン氏によると、人間が宇宙に興味を示すのは、宇宙の中で地球生物が唯一の生命体ではないことを証明するための、孤独を避ける営みなのだそうです。人間はいずれ資源を求めて宇宙空間へと活動圏を拡大するので、宇宙人と遭遇するのは時間の問題でしょう。

しかし、宇宙人との接触が本当に良いものなのかという疑問には未だ答えが出ないままです。

2018年に亡くなったホーキング博士は生前、「人類が地球外の知的生命体と接触することはならない。ましてや、人類が宇宙にメッセージを送るなどということは厳禁だ。」と指摘していました。

スポンサーリンク

宇宙に飛び交う謎の光

現在、宇宙空間では点滅を繰り返す光が頻繁に観測されています。恒星などの天体が発する光であれば、ここまで短い周期で点滅することはありません。この光は一体、何が発しているのでしょうか。

VASCO(ヴァスコ)という宇宙観測の結果をまとめた資料には、100以上の不可解な光の動きが記録されています。

これらの光は赤い突発天体(red transie)と呼ばれ、現在の観測ではその正体に迫ることができていません。この光の正体は、やはり宇宙からの交信に使われるレーザーなのだと考える専門家もいます。

実際に、この光が惑星間の交信用レーザーであることを前提とした研究も少なくありません。

また、この光は天体をすっぽりと覆ってしまう人工的なカバー「ダイソン球」によるものだという陰謀論もあります。一方で、ストックホルム大学の専門家たちは、この光は物理学で解明できる通常の天体の活動であるとしています。

かなり珍しい事例ではありますが、極めて短命な恒星が実際に消失している可能性もあります。ストックホルム大学で、この研究を主導しているビアトリス=ビジャロエル教授は「突然現れ、突然消滅するような天体が実際に発見されれば、天体物理学の認識は大きくアップデートされるでしょう。」と発言しています。

この光は、宇宙における珍しい天体の活動の一種なのでしょうか。それとも、宇宙人との接触につながる手がかりなのでしょうか。

スポンサーリンク

超新星爆発の失敗

恒星は消滅するとき、徐々に白色矮星に変化していくか、もしくは超新星となり爆発現象を起こすため、その光が突然消えることはありません。

そのため、短命な恒星が実際に消滅しているとする説は、従来の天体物理学では立証できない可能性があります。
そうなると、やはりこの光は地球外文明の交信と考えるしかないのでしょうか。

アストロノミカルジャーナル(The Astronomical Journal、通称AJ)に最近掲載された論文には、「高度な技術を持つ地球外文明の存在を前提とした方向に、研究の方針を転換させる必要があるのではないか。」という内容が示されていました。

この光の正体が宇宙人の交信でないとすると、考えられる唯一の有力な仮説は、「超新星の爆発現象が失敗した」というケースです。

これは非常に珍しく、頻繁に見られるものではありませんが、理論上は質量の大きな恒星が大爆発を起こし、ブラックホールに吸収される際に発生すると考えられています。

しかし、超新星爆発の失敗などということは本当にあり得るのでしょうか。やはり恒星の消滅や超新星爆発の失敗といった従来の天体物理学中心の考え方では少し無理があります。

天体物理学は方向転換と新たな認識を受け入れざるを得ない状態です。地球外文明がレーザーで交信をしているというのが現状として最も考えやすい仮説であるとともに、魅力的な見解でもあるといえます。

 

 

いかがでしたか?
これから人類の宇宙への好奇心や宇宙探索への意欲はますます上がり、宇宙人と遭遇する確率もどんどん高まっていくでしょう。ホーキング博士が宇宙人との接触は厳禁だと言っていたのが少し恐ろしいですが、今後の研究の進展に注目です。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました