ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

いまだに解明できない人体の謎 ~人体の不思議7選~ 

いまだに解明できない人体の謎 ~人体の不思議7選~  科学
いまだに解明できない人体の謎 ~人体の不思議7選~ 

 

我々は自分たちの体のことを理解しているようで、実はそうではないのかもしれません。

たとえば「食後すぐ動くとお腹が痛くなるのはなぜか」といった疑問がわくこともあるかもしれませんが、そういったものはすでに解明されていることなのです。

今回、ご紹介するのは現代医学でも説明しきれない人体の謎です。

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

人間になぜ指紋があるのか

こうした質問を小学生にすれば、「犯人を捕まえるため」と答える子どもが何人かいるでしょう。

当然これは不正解です。

人間の進化の過程と「犯罪捜査」は無関係だからです。それでは、人間に指紋がある理由は何なのでしょうか。実は専門家でも、この理由は未だ解明できていないのです。

しかし、近年発見された、ある非常に稀な遺伝的疾患は、謎を解き明かすきっかけになるかもしれません。その病気の最大の特徴は、指紋がないということだからです。これは世界でわずか数世帯にしかみられない症状です。

この疾患には通常の人よりも発汗量が少ないという特徴もありますが、この点を除けば特に健康上の問題はありません。

つまり、指紋がなくても人間が生きていくには支障はないといえるのです。専門家たちは、この疾患を持つ家族を詳しく調査することで、「指紋の謎」が解明できると期待しています。

スポンサーリンク

人間になぜ血液型があるのか

血液型は、赤血球の表面にある「抗原」の違いで分類されます。細かく分けるとその種類は、一般的な4つのタイプ(A, B, O, AB)に留まらず、もっと多いのです。

そして、なぜこのような血液型の違いが存在するかが、今も明かされていないのです。

そもそも、血液中の抗原に複数のタイプがある理由すらはっきり分かっていません。

最近の研究で、ある血液型は、特定の種の病気のかかりやすさと関係があるとされています。それにより血液型の違いは、病気の予防と関係があるとも推測されています。

首を切断されると何が待っているのか

「断頭台で処刑された罪人の顔がこちらを睨んで…」といった話は、怪談めいた都市伝説にあるでしょう。

それでは、首を切断された直後の人間の頭部は、どうなるのでしょうか。ほんのわずかな時間でも、脳の機能が残っており、場合によっては表情が変わるといったこともあるのでしょうか。

そうした点については、詳しい研究はほとんど行われていません。理由は明白で、研究のために被験者の首をはねるわけにはいかないからです。

一方、これまでで唯一といってもよい研究報告があります。ギロチンが一般的な処刑手段となっていたフランス革命の時代のことです。

ある罪人の男が首をはねられた直後、ガブリエル・ボリュという医師がその頭部に向かって何度も彼の名を呼び続けました。

すると、男の目がわずかに見開いて反応したといいます。

その医師は、首の切断後30秒以内であれば、少し意識が残っているのではないか、と結論付けています。

スポンサーリンク

人間にフェロモンは効くのか

動物や昆虫の世界で「フェロモン」が繁殖において大きな役割を担っていることは、早くから知られていました。

しかし、そのフェロモンが人間同士の関係においても効果を示すのかどうかは、まだ不明な部分が多いのです。

その理由の1つとして、フェロモンを研究するには全く匂いのない被験者が必要であり、そのような被験者を確保することが難しいという点が挙げられます。

現時点では、人間には動物が持っているような、フェロモンを感じ取る器官がないことが明らかになっています。

そういった器官とみられる、極めて小さな器官はあるようなのですが、実際どのように機能しているのかは定かではありません。

一方これまでの研究で、人間には1人1人異なる指紋があるのと同じように、その人の固有の「匂い」が存在することが分かっているのです。

その証拠に、例えば、赤ん坊は自分の母親を匂いのみで認識できるといわれています。

また、似たような匂いを持つ男女は互いに惹かれあう傾向があるともされています。匂いの果たす役割に関する研究が進めば、人間とフェロモンの関係も解明されるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

雷に撃たれると何が起きるのか

誰もが知るように、雷が人間に直撃すれば、全身に火傷を負い、脳に深刻なダメージが残り、場合によっては死に至ります。

ところが、雷に撃たれた人の大半は、意外にも生還しているのです。中には撃たれた直後にもかかわらず、無傷の状態でいつも通り歩き出す人もいるようです。

どうして大きなダメージを負う人もいれば、無傷で済む人もいるという極端な違いが生じるのでしょう。これについては、今の科学では説明しきれません。

この謎を解明するために、ある研究者が雷の発生率が高い南アフリカに渡り、調査を行いました。

その結果、雷が人体を通過する時、ある特徴的な通り方をすることが分かりました。

そして、これが雷に撃たれても無傷の人がいることと関係があるとみられています。

妊娠に気付かない人

女性が妊娠すると、約9ヶ月後に出産します。

しかし、妊娠から出産までの9ヶ月間、自分が妊娠していることに全く気付かない人が稀にいるのです。

こうした人の場合、ある日突然腹部に異常な痛みを感じ、そのまま病院で出産するという流れになることが多いです。

妊娠に気付かないという事態には、2つのパターンがあります。

1つは、妊娠した女性が太り過ぎている場合です。

お腹の中で胎児が成長し続けても体型がほとんど変わらず、また胎児が手や足を動かすなどしてもほとんど感じ取れないため、自分が妊娠していることに気付きにくいのです。

このような体格の女性は、生理不順であることが多く、それも妊娠に気付かない理由として挙げられます。

もう1つは、ごく普通の体型で健康面、精神面共に全く問題ないにもかかわらず、出産の直前まで自分の妊娠に気付かないというパターンです。

このパターンについては、一体なぜ本人が妊娠に気付けないのかが、医学の世界で大きな謎となっているのです。

スポンサーリンク

口の中は謎だらけ

人間の口の中には多くのバクテリアが存在します。

それらに関する研究が進めば、歯周炎などの口の中の病気を予防することに大いに役立つのですが、バクテリアの研究は非常に困難なのです。

その理由は、人間の舌に存在するバクテリアのほとんどは、ペトリ皿での培養が不可能であるためです。

口の中のバクテリアなどは、すでに研究者たちが調べ尽くしているように思われますが、実際そうではありません。

我々の口内にいる微生物の多くは、まだ謎の多い存在のようです。

 

いかがでしたか?
今回は人間の体の不思議な要素に触れました。医学の世界の人々によって、遠い昔から人体に関する様々な研究がなされてきました。しかし、ここまで挙げてきた7つの謎だけでも、今でも人体には不可解な部分が多いことが分かります。世界ではありとあらゆる超常現象が発生していますが、最も謎に満ちているのは幽霊や宇宙人、超能力などではなく、私たち人間の体ではないでしょうか? たとえ人体を解剖したとしても、その謎すべてを解明することは困難かもしれません。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました