ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

実在する巨人 現代に暮らす様々な大きな人 10選

実在する巨人 文化

様々な古代の書物に、巨人の存在を示唆する記述が多く見つかっています。

化石など巨人がいたことを肯定する証拠は未だ見つかっていませんが、果たして彼らは存在しなかったと言い切れるでしょうか?

現代にも巨人の存在を認めざるを得ないような巨大な人間が存在するのです。

今回は実在する驚愕の巨人たち10人をご紹介します。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
Sponsored Link

Denis Cuplenkov

ウクライナ生まれの Denis Cuplenkov は、まさに巨人のような太く逞しい腕と大きな手を持ち、リアルハルクとも呼ばれています。

写真に写る彼の手は、いずれも誰かがいたずらで加工したかのようです。

身長6フィート1インチ(約185センチ)、体重308ポンド(約140キロ)、腕の長さは24.8インチ(約63センチ)、この 巨大な手は世界で一番筋肉が詰まっていると言っても過言ではありません。

少年時代のデニスは、彼が生まれ育った街 クルィヴィーイ・リーフのスポーツジムでケトルベル(ダンベルのトレーニングを始め、そこで自分の怪力に気づき、アームレスリングの大会に出場するようになりました。

今までに彼は、ボディービル、アームレスリング、ストロングマン(最強の男を決める大会)のチャンピオンに輝いています。

ちなみに、どのくらい強いかというと、片手でくるみを割ってしまうほどです。
手だけでこの怪力です、腕相撲なんてしようものならひとたまりもないでしょう。

 

Haftor Julius Bjornsson

ゲーム・オブ・スローンズファンなら知っているはず。
「ザ・マウンテン」、グレガー・クレゲイン役でお馴染みの ハフソー・ビョルンソン は、身長6フィート9インチ(約2メートル)、体重400ポンド(約180キロを超えるアイスランド人です。

彼は、俳優の他にも元 バスケットボール選手であり、今はストロングマンの選手としても知られています。
世界最強の男を決める大会 WSMでも安定したパフォーマンスを見せ 見事に表彰台に上がりました。
彼は、990ポンド(約450キロ)、標準体型の人間6人に相当する重さの重りを デッドリフトで持ち上げることができます。

2015年1月、ノルウェーで行われた World’s strongest Viking competition(世界最強のヴァイキング選手権)では、1フット(約30センチ)の材木33本、合計1430ポンド(約650キロ)の重さを担いだまま 5歩を歩ききり、千年ものあいだ Orm Storolfssonに守られてきた 最高記録を見事塗り替えました。

そのほか ハフソーは、普段トラックを引いてトレーニングし、15キロのケーキを上空23フィート(約7メートル)の高さまで投げたり、八つの大樽を16.35秒で投げ飛ばしたりすることもできます。

スポンサーリンク

Brahim Takioullah

身長8フィート1インチ(約246センチ)の ブラヒムは、世界で二番目に背が高い人物ですが、足の大きさなら世界一です。

左足は1フィート3インチ(約38センチ)、右足は1フィート2.7インチ(約37センチもあります。
彼はモロッコのとある村で生まれ育ち、育ち盛りの頃は一年で身長が3フィート(約90センチ)も伸びたといいます。

どこへいっても目立ってしまうブラヒムですが、おもしろいことに、彼が18歳になるまで 周りの誰もが彼の身長を気にしたことはなかったそうです。

ちなみに、彼の靴のサイズはヨーロッパサイズなら58(約40cm)、もちろんそのサイズの靴はお店では売っていないので 全てオーダーメイドです。

彼は、いつか彼のサイズに合った車を特注したいと願っているようですが、靴代だけでも5700ドル(約63万7千円もかかってしまう現状では 夢のまた夢でしょう。

 

Yao Ming

ヒューストンロケッツの11番。
身長7フィート6インチ(約228センチの ヤオミン は、あのシャキールオニールよりも背が高い バスケットボール選手です。

2002年に全体一位でヒューストン・ロケッツに指名された彼は、NBAで活躍する前も中国のプロバスケットリーグで名を馳せていました。
ルーキー時代は多くのコメンテーターに「期待はずれ」と言われ、元NBA選手現NBAアナリストの チャールズ・バークリーには、「もしヤオミンが試合で19点も獲れるようなことがあったら、ケニー・スミス(同じく元NBA選手)のケツにキスしてやってもいい」とまで言われていました。

しかし彼は、同シーズン11月17日に行われた ロサンジェルス・レイカーズとの試合にて、ミス一つない完璧なシュートで20点も獲得し、見事に汚名返上を果たしたのです。

結果、チャールズはケニーが購入したロバ(※愚者の象徴)のおしりにキスをさせられたようです。
ヤオミンは 2016年4月に、シャキールオニール、アレンアイバーソンとともに殿堂入りを果たしています。

 

Malee Duangdee

タイで1番、アジアで2番、6フィート10インチ(約208センチ)の Malee Duangdeeは、世界一背の高い女性としてギネス記録を持っていたこともありました。

そんな彼女が教育を受けることができたのはなんと13歳からでした。

6歳したの子達と一緒に授業を受けていました。

理由は、父親のバイクが小さすぎて通学が困難だったため、さらに弟に一緒に学校にいることを嫌がられていたからです。
トラックを後ろに彼女の妹と並べてみると、その巨大さが浮き彫りになります。

また、彼女は足も大きく 両足それぞれ12インチ(約30.5センチもあります。

マリーの存在は、TLC(アメリカのドキュメンタリーチャンネルの

「World’s tallest children(世界ののっぽな子供達)」

でも取り上げられ、ギネスの認定員に身長を測定されている様子が確認できます。

驚異のスピードで身長が伸びていくため、1日に3回も測定しなおさなければならなかったそうです。

 

Shaquille O’Neil

ニュージャージー生まれの Shaquille O’Neil は 言わずと知れたNBAの最高峰です。

身長は7フィート1インチ(約216センチ)、体重は330ポンド(約百五十キロで、リーグ内では、最も背が高い選手の一人であるとともに、最重量を誇る選手の一人でもあります。

シャキールは19年のキャリアの中で 六つものチームでプレイをしたことがあります。
巨体が織りなす驚異的な身体能力と インパクトのあるボール捌き、それらによって築かれた彼の経歴は、誰しもが目指す最高のキャリアであるといっても過言ではありません。

シャキールは、2002年にNBA最優秀選手賞、ファイナル最優秀選手賞 さらに オールスターMVPにも輝きました。

これらすべてを同じ年に受賞したのはNBA史上3人目です。

 

スポンサーリンク

Elisany Silva

Elisany Silva は 身長2メートルを超えるブラジル人モデルです。

彼女は、10代のときに脳に腫瘍ができてしまい、それにより成長ホルモンの分泌が止まらなくなり、一時的な巨人症に見舞われていました。
手術を受け腫瘍が取り除かれた今は、成長もすっかり止まっています。
少女時代は よく背のことでからかわれていたようで、現在は、人を外見で判断すべきではないということを世界に訴えかけています。

数々のテレビ出演やインタビューを経てちょっとした有名人になった彼女は、それ以来悩める世の少女達に希望を与え続けています。

2017年2月には、5フィート4インチ(約160センチ)のフィアンセと めでたく結婚しました。

 

曾金蓮

1964年6月26日生まれの 曾金蓮 は、世界で一番背が高い女性として知られ、その記録は今でも破られていません。
これまで身長が8フィート(約240センチ)に達した人間は17人ほどしかおらず、中でも曾金蓮の身長は 女性で唯一8フィートを超えました。
驚くべきことに、彼女の背骨はひどく変形しており、そうでなければもっと背が高かっただろうと言われています。

兎にも角にも、彼女は当時、世界で一番背が高い女性だったのです。

曾金蓮が写る写真はどれも彼女の巨大さをありありと捉えており、特に彼女が父親の車のボンネットに座っている写真では 周りにいる家族がまるでこびとのように見えてきます。

彼女が亡くなった際の身長は 8フィート1インチ(約246センチ)、曾金蓮は歴史上で2番目に世界で一番背が高い人物となりました。

ちなみに1人目は ジェーン・バンフォードです。

 

Sponsored Link

Andre the Giant

巨人といえば、 Andre the Giantでしょう。
1946年5月19日生まれの本名 アンドレ・レネ・ロシモフは、元は『ジャン・フェレ』の名で親しまれたフランスのプロレスラーでした。

ジャン・フェレの触れ込みは フランスの森に潜むミステリアスな木こりで、アンドレの巨体とマッチしたその設定は多くの熱狂的ファンを生み出しました。

『世界8番目の不思議』や『大巨人』の異名で知られるアンドレの身長は 7フィート4インチ(約223センチ)、体重は驚愕の520ポンド(約236キロです。

1976年にはプロボクサーのチャック・ウェプナーとの異種格闘技戦が開かれましたが、結果はウェプナーが場外に投げ飛ばされ リングアウト負け、アンドレの圧勝に終わりました。

数々のテレビ番組や映画で俳優もこなした彼は、1987年の『プリンセスブライドストーリー』で巨人のフェジクを演じたことでも有名です。

先端巨大症を患うアンドレは多大な痛みと戦い続けていました。
痛みを和らげるために彼はよく酒を飲み、ある時は一晩で106缶ものビールを空けたそうです。

 

Leonid Stadnyk

体が大きな人たちはその巨大なシルエットゆえにスポットライトを浴びることが多いようです。
有名になれるっていいですよね。

しかし、ウクライナの巨人 Leonid Stadnyk はそうは考えませんでした。

身長8フィート4インチ(約254センチ)、世界で一番背が高いであろう彼は、目立つことを嫌い、ギネス認定員による公式な測定も辞退しました。

レオニードは、自身の高すぎる身長にコンプレックスを抱き、人生における重荷であるとまで考えていたようです。

彼は、

 

「僕は呪われている。自分がどんな罪を犯したかはわからないが、これは神が下した罰なのだ。
讃えるべきものではない。できることなら、皆と同じように普通の人生を送りたかった。」

 

と述べ、身長に制限される人生を忌まわしく思っていたようです。

将来の夢は獣医になること、そして結婚をすることでしたが、自分の体型で妻に迷惑をかけたくないと言う思いがあり、ついに夢を叶えることはできませんでした。

彼はとても優しい心を持った巨人だったのでしょう。

 

 

いかがでしたか?
彼らが巨人の存在を証明するかどうかはさておき、彼らの力強い生き様には衝撃を受けます。
背が高くてもいいことばかりでないということを思い知らされます。
自らの巨体に悩みながらも、それを強みに変えようとする姿勢はなんとも逞しいものです。
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました