ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

金星上空に浮遊都市? ~NASAの衛星都市建設計画~

金星上空に浮遊都市? ~NASAの衛星都市建設計画~ 惑星
金星上空に浮遊都市? ~NASAの衛星都市建設計画~

 

金星は夕暮れや日の出の時間帯に明るく輝いて見える惑星で、一番星と呼ばれています。

この金星は、地球に最も似ていると指摘されているのです。

まずは、一番星である金星が どのような点で地球に似ているのかを らららがご紹介いたします。

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

金星とはどんな惑星か?

金星と太陽の平均距離は約1億820万kmで、これは水星の次に近い距離です。

そして、金星は地球に一番近いとされる惑星でもあり、両者の距離は約4140万kmです。

また、金星の大きさは、赤道の半径に近い6052kmなので、地球の0.95倍です。加えて質量は地球の0.815倍です。数字を見ると、大きさも重さも地球と大差ないとわかりますが、これらの数値だけが地球と似ている理由ではありません。

金星には、地表から約30kmの深さまで、ケイ酸塩でできている地殻があります。 その下にはケイ酸塩からできているマントル、中心部には金属の鉄やニッケルからできた核があります。

この構造は地球に近いものであるため、金星は地球に似ているといわれているのです。

金星は雲に覆われている

金星には、大部分を二酸化炭素が占める分厚い大気があります。二酸化炭素には高い保温効果があるため、金星の表面温度は昼夜問わず摂氏470度です。

これは、太陽に一番近い水星よりも高い温度です。ちなみに、これは太陽から直接地表に届いている温度ではありません。

金星の大気中には硫酸の粒でできた厚い雲が広がっており、その雲が太陽の光を遮っているのです。そしてこの雲は、硫酸の雨を降らせるのですが、地表が高温なので雨粒は地面に落ちる前に蒸発します。

それでは、表面はどうなっているのでしょう?

スポンサーリンク

金星の地表は、火山によって作られた地形が多い事が判明しています。隕石の墜落によるクレーターもありますが、3km以下のものはありません。

小さい隕石は分厚い大気に遮られ、表面に届かないからです。 また、5億年以上前のクレーターも見つかっていません。

大規模な火山活動でクレーターが埋没した可能性があるためです。こうした事から、5億年前に大きな火山活動があったと考えられます。

金星は溶岩で作られた地形が多いため、地球や火星に比べて平坦な惑星といえます。

なぜその方向に?金星の1日と満ち欠け

金星の公転周期は約225日で、自転周期は約243日です。

自転周期の方が長いので、地球における1年よりも金星での1日の方が長いという特徴があります。

そして、自転方向が他の惑星と反対向きなので、太陽は西から昇り東に沈んでいくのです。

なお分厚い雲があるため、金星からは太陽は見えません。金星の自転がなぜ、このようになっているのかは、まだわかっていません。

また地球から見ると、金星は太陽の近くにあります。そのため、夜中に金星は見えず、夕方や明け方の空に見えます。

「宵の明星」「明けの明星」という呼び名をご存知の方は多いと思いますが、これは金星の事なのです。そして金星は、月のように満ち欠けをします。

地球のすぐ内側を回っているので、金星と地球の距離が遠い時と近い時とで、目に見える金星の大きさは異なるのです。

最も太陽から離れる時には、半月形に見える事があります。

スポンサーリンク

NASAの衛星都市建設計画

金星表面の環境は我々には極めて過酷であり、人類が着陸するには まだ時間がかかるでしょう。

こうした問題を乗り越えるために、NASAは金星の上空に有人の飛行船を飛ばす構想を練っています。

考案者は、NASAのラングレー研究所のシステム分析 及びコンセプト理事会宇宙ミッション分析部門に所属する、デール・アーニー氏と クリス・ジョーンズ氏です。

この部門の見解では、金星への有人飛行は 火星へのミッションと比べると 実現しやすいとの事です。

最終的に人類の 恒久的な移住を目指していると述べます。地球とほぼ同じ気圧である金星の上空50kmの大気は、重力もわずかに小さいだけです。

スポンサーリンク

一方火星の場合、”海面”気圧は地球の100分の1以下であり、重力も地球の40%程度に留まります。また、火星の平均気温は-63度であり、人類には非常に過酷な環境といえます。対して、金星の50km上空は75度前後です。

これは地球最高記録の気温を17度上回るだけです。

金星の50km上空の環境であれば、太陽光発電が可能である一方、太陽の放射線から身を守れます。

こうした事から金星上空は、人類が生活するには十分ふさわしい環境なのです。そして、金星の方が火星よりも地球からの距離が近いという点も特筆すべき点です。

地球と火星の往復には650日から900日が費やされるのに対し、金星との往復は440日程度で済むとされます。
金星への有人飛行の計画はHAVOC(ハボック)と呼ばれ、5つのフェーズから成ります。

 

・フェーズ1:無人探査
・フェーズ2:軌道までの30日間の有人ミッション
・フェーズ3:大気圏までの30日間の有人ミッション
・フェーズ4:大気圏までの1年間の有人ミッション
・フェーズ5:人類の永久的な移住

 

自動操縦の飛行船の大きさは、タイヤメーカーであるグッドイヤーの飛行船“ブリンプ”の半分程ですが、有人飛行をするタイプでは 全長約130mに及びます。

ボディーはソーラーパネルで覆われており、下部にはゴンドラがあります。金星への有人飛行を行う際、前もって金星の軌道に飛行船を格納した宇宙船を送り、ランデブーしなくてはなりません。

輸送船に乗っている宇宙飛行士は、金星の軌道上の飛行船とドッキングします。着陸できる環境ではないため、通常の大気圏突入、降下、着陸というプロセスとは異なる流れとなります。

金星ミッションで実施されるべき事は、”大気圏の突入“”降下“”ガスの充填“などです。エアロシェルで保護された飛行船は、金星の大気圏に 秒速7200mで突入します。

スポンサーリンク

7分かけてエアロシェルが 秒速450mまで減速した後、パラシュートを開き 更に減速します。このタイミングでエアロシェルが投棄され、飛行船は大気圏を秒速100mで降下しつつ、風船を膨張させます。

十分に風船が膨張した飛行船は パラシュートも捨て、金星の表面50kmの上空で穏やかに浮かびます。成功すれば、飛行船は秒速100mの風に乗り、約110時間で金星を1周できるでしょう。

飛行船の乗組員は、将来的な有人ミッションへの備えとして 環境評価を行います。また500度、92気圧という金星の灼熱の大地を探査する自動操縦車を投入する事も可能です。

この火星探査の前に金星を目指すという計画により、NASAは計画変更を余儀なくされます。

しかし、雲の上に街を築く事や、人類移住の実現の重要性を考えれば、HAVOCの計画を軽んじる事はできません。

 

いかがでしたか?
極めて不思議な惑星である金星が、地球に一番似ているという点は驚愕的です。NASAのプロジェクトは、既に準備中である火星でのコロニー建設の計画を補完するものでもあります。火星でのミッション成功のために、開発しなければならない事は多くあります。金星はそれらのための実験台といえるのです。この計画の考案者らは、「アメリカの宇宙機関が発表した将来的な火星への旅においては、重要なステージとなる」と述べます。私達が生きている間に この計画が実現するのなら、我々は歴史の目撃者となるのではないでしょうか?
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました