ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

エンケラドゥスが白い理由 ~土星衛星が白い複数の理由とは~

エンケラドゥスが白い理由 ~土星衛星が白い複数の理由とは~ 惑星
エンケラドゥスが白い理由 ~土星衛星が白い複数の理由とは~

 

地球で暮らす私たち人類は、昔から太陽系の惑星への関心が高く、多くの研究を積み重ねてきました。惑星の中でも土星は、ブランドのロゴなどにもなっていることから、わっかを持つことはよく知られているでしょう。

その見た目の美しさや、比較的安価な望遠鏡でも見えることから、身近に感じさせ、人々を魅了してきました。

そして、土星は82個という多くの衛星を抱えている惑星としても有名です。それら衛星の中でも、エンケラドゥスは、微生物が存在しているかもしれないという可能性や、水の存在が理由で、世界中から注目されている衛星です。

エンケラドゥスは大変白く見えるため、その白さの原因を明らかにするための研究が進められてきました。

そして、ついにその白さの原因が明らかになったのです。まずは、エンケラドゥスとはどのような衛星なのかをご紹介します。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

土星の衛星『エンケラドゥス』

土星にはいくつもの衛星が存在しているということは、先ほどもお話ししましたが、その中でも今回はエンケラドゥスに焦点を当ててお話しします。

エンケラドゥスは、過去にもいくつかの研究で微生物、つまりは地球外生命体の存在が示唆されており、「地球以外で生命体が存在できるかもしれない、数少ない環境だ」と注目されているのです。

暖かい水、有機物、特殊な鉱物、エネルギー源が存在する環境というのは、非常に珍しいもので、いつか限界を迎える地球の代わりになるかもしれない、もしくは地球以外に交信できる生命体がいるのではないかと、いくつもの研究が盛んに行われてきました。

エンケラドゥスの特徴は、今までの研究でいくつか明らかになってきましたが、大変白く見えるということも、その特徴の1つとして知られています。

「どうしてそれほどまでに白く見えるのか?何か秘密があるのでは?」と、長年白さに関する疑問が高まっており、その原因を明らかにするために、Alice Le Gall博士らが所属するチームによってとある研究が進められました。

エンケラドゥスらは白い

土星の衛星のすべてではありませんが、一部の衛星はとても白く見えるという特徴を持っています。

先ほど紹介したエンケラドゥスはその白さから「美しい衛星」と言われることもあるようです。

「エンケラドゥス」とその周辺にある「ミマス」と「テティス」の3つは、土星の衛星の中でも特に白く輝き、その謎は不明の状態でした。

しかし、エンケラドゥスの氷粒子が原因の1つであるということが、2019年に発表された研究で明らかになったのです。

スポンサーリンク

エンケラドゥスらが白い理由

エンケラドゥスには間欠泉があり、そこからの噴出物の一部が、エンケラドゥスら3つの衛星を白く見せる原因になっているというのです。

エンケラドゥスの重力圏に働く力は弱く、宇宙空間へと噴出物が飛び出してしまいます。

そして、水蒸気が雪へと変わり、エンケラドゥス・ミマス・テティスの表面に雪として降り注ぎ、白く見せるという仕組みです。

しかし、その雪だけでは、衛星の明るさを十分に説明できません。実は、エンケラドゥスらの地形は複雑で、それがより明るく見せる原因の1つなのでは?と、現時点では考えられています。

現時点で、とお伝えしたのには理由があります。実際、「これだ!」といえるような答えは未だに見つかっていません。

もしかすると研究技術の向上に伴い、今後の研究の方法次第では、決定的といえる原因が明らかになるかもしれません。

 

いかがでしたか?
今回ご紹介した3つの衛星の中でも、特にエンケラドゥスは水の存在や有機物の有無など、気になることが満載の、話題に尽きない衛星です。
今後の研究にも、世界中から注目が集まることでしょう。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました