ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

UFOと遭遇し交流をした人物 ~私はエイリアン体を見た~

UFOと遭遇し交流をした人物 ~私はエイリアン体を見た~ UFO 異星人
UFOと遭遇し交流をした人物 ~私はエイリアン体を見た~

 

ウクライナ在住のとあるエンジニアが1989年にエイリアンと性的な交流をしたという体験談が最近になって公表されました。

UFOにアブダクションされ、船内で美人エイリアンが彼に魅力的な裸体を見せてくれたというのです。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

 

UFOが着陸

この体験を語ったのはウクライナに住む技術者で、本人の希望によって名前は公開されていません。1989年当時、地方新聞社の取材を受けたことはあったそうですが、体験の詳しい部分まで語るのはこれが初めてだそうです。UFOから降り立ったエイリアンと、彼はいったいどんな一夜を過ごしたのでしょうか。
1989年の9月中旬、彼は近所の山に入ってマッシュルームを採っていました。彼は次第に疲れてきたため、岩場に腰掛けて休憩がてら新聞を読んでいると、突然空に円形の雲が現れ、彼が腰掛けていた場所から100メートルほどのところに円盤状のUFOが着陸したのです。
そのUFOは直径15メートルから19メートルくらいの巨大な円盤で、中心付近は卵の先端のような独特の形状をしていました。多くの人がそうであるように、彼もそれまでUFOを目撃したことはなかったため、たいへん驚いて動くことができませんでした。
しばらくすると、UFOの内部から身長が190センチメートルほどある、全身をボディスーツで覆った銅色の顔の男が降りてきました。その男の後ろには、高さ50センチメートルほどの人型ロボットがついてきていたそうです。
銅色の顔の男はどこかヒンドゥー教徒のような出で立ちをしていたため、彼はこの男をヒンドゥーと呼ぶことにしました。ヒンドゥーは徐々に彼に近づいてきました。
そして、お互いの顔がはっきりと見える距離まで近づいたタイミングで、ヒンドゥーは彼をUFOに招き入れるという意思表示をしました。両者ともに言葉を発することはありませんでしたが、コミュケーションは成立したそうです。
彼はヒンドゥーに招かれるまま、UFOに向かって歩き出しました。UFOに近づくに連れて、ドレスを身にまとった絶世の美女が扉の前に立っているのが見えてきたそうです。

UFO内部でのパーティー

その美女は、ギリシャ神話に登場する、愛と美と性を司る女神「アプロディテ」のようでした。彼女は頭にとても小さいヘルメットを乗せていて、髪は肩くらいまであるダークブラウンの巻髪でした。肌は色白、瞳は深いブルーで、身長は180センチメートルほどだったそうです。
彼がUFOに近づくと、美女は彼に微笑んで、UFOの内部に入っていきました。ヒンドゥーと一緒にUFOの中に入った彼は、最初にシャワー室のような空間に案内されました。
彼は気が付かないうちにいつのまにか全裸になっていて、ヒンドゥーが彼の洋服を畳んでいました。どうやって気が付かないうちに全裸にされたのかは、今でも分からないそうです。
シャワーを終え、ヒンドゥーに手渡されたバスローブを身につけると、彼は奥の部屋に招き入れられました。奥の部屋では、扉の前で見た美女が待っていました。
言葉は通じませんでしたが、彼女はの名前はゲセリアであるということだけは理解できました。ゲセリアは、同じ部屋にいた身長2メートルを超える巨大な黒人男性のような人物のことも紹介してくれました。こうしてUFO内部でのパーティーの準備が整ったのです。

美女エイリアンのストリップ

UFOの船内にいたエイリアンたちは、彼に人型ロボットの頭についているボタンを押すように言ってきました。彼が戸惑いながらそのボタンを押すと、人型ロボットはまぶたを閉じ、両腕を下げて力が抜けたように動かなくなってしまいました。
それを見た黒人男性のような人物は大きな笑い声をあげ、それにつられるように室内のムードは一気に和みました。そのボタンはロボットの電源ボタンで、彼らなりのジョークだったようです。
ロボットはすぐに電源を入れ直されました。ジョークによる歓迎を受けたところで、ゲセリアは彼の住んでいる地球についてさまざまな質問をしてきました。
言葉はやはり通じませんが、彼が持っていた新聞を見て、文章がどのような意味なのか、写真に写っているのはどのような人物なのかということを尋ねてきたそうです。
彼は紙に太陽系の惑星の絵を描いて、ゲセリアがどこの星からやってきたのかを尋ねてみました。すると、彼女は別の絵を描いて、自分の星について説明してくれました。どうやらその星は、地球とは違う銀河系に存在するようです。
それからゲセリアは、彼の服を脱がせるときに一緒に外した腕時計を使って、ゲセリアの星は地球から太陽の2倍離れているということを説明してくれました。
すると突然、ゲセリアは身につけていたバスローブを脱ぎ、裸になりました。男性ならば誰でもこのような状況に直面すると動揺するものですが、生粋のエンジニアだった彼は極めて冷静なままでした。
彼はゲセリアの素肌に触れると、彼女の心拍数が人間より少し高い毎分90回〜100回で、体温が約42度もあることに気がつきました。

怒り出した美女エイリアン

それから彼は、ゲセリアから少し距離をおいて、彼女の美しい裸体をまじまじと見回しました。しかしゲセリアは、彼が自分がロボットではないかと疑っているように思えたようで、不快感を顕にしました。
彼はそれに気が付かず、ゲセリアの体を見つめたままだったので、ゲセリアはますます怒り出し、大声で何かを叫びました。言葉は理解できないものの、その言葉が「出ていけ」という意味だっとことは間違いありません。
彼はなにが起こったのか理解できないままヒンドゥーにUFOからつまみ出されてしまいました。人間とエイリアンの交流はあっけなく終わってしまったのです。UFOはその後すぐに飛び去ってしまったそうです。
連れ去られたわけではないのでアブダクションとは少し違いますが、極めて奇妙でリアルなエイリアンとの接触体験の話でした。

その他にも宇宙人と性行為をした人間が存在

1957年の12月15日、ブラジルで農家を営んでいた23歳のアントニオ=ボアスという青年がエイリアンに襲われ、性行為をしたというのです。アントニオはUFOの内部で2人のエイリアンに押さえつけられ、服を脱がされ、ドロドロで無臭の透明な液体を体中に塗りたくられました。
少し間をおいて、部屋に身長130センチメートルほどの全裸の女性が入ってきました。人間の女性とは少し違う風貌でしたが、美女であることは間違いありませんでした。
彼女は口をつぐんだまま、何かを求めるような視線を送ってきたそうです。彼女が体を寄せてきたので、アントニオも次第にその目的を理解し、興奮し始めたそうです。
アントニオは彼女と1時間で2回の行為に及びました。「エイリアンたちは自分を、家畜の品種改良のための 番いにしたかったのだ」とアントニオは語っています。今考えると、あの透明の液体は惚れ薬のようなものだったのかもしれません。

 

いかがでしたか?
今回はエイリアンに接触をしたという人物の奇妙で不思議な体験談を2つ紹介しました。すでに地球には500種類以上のエイリアンが訪れているとも言われていますが、その存在は未だ実証されていないため、科学が発達した現代でも解明できないオカルト現象のような扱いを受けています。いつか友好的なエイリアンと出会い、人類とエイリアンの交流が始まる日が来るといいですね。
スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました