ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

ラーメンの歴史 ~異国情緒あふれる日本の国民食~

ラーメンの歴史 ~異国情緒あふれる日本の国民食~ 文化
ラーメンの歴史 ~異国情緒あふれる日本の国民食~

 

いまや日本の国民食といっても差し支えないほど浸透したラーメン。少し前には、日本で初めてインスタントラーメンを開発した「あの人」に関する連続ドラマ小説も放送されるなど、最近ますますラーメン熱が過熱している、という方もいらっしゃるでしょう。

 

そんなラーメンですが、実は歴史の深いものでもあります。ここでは異国情緒あふれる日本の国民食、ラーメンについてその歴史を紐解いていきましょう。

LALALAちゃんねる!の動画で見る

日本人のソウルフード、ラーメン

 

日本を訪れた外国人が「食べたい!」という日本食のランキングがあるならば、おそらくはどのランキングでも上位に食い込むであろう食品がラーメンです。

 

 

漢字表記だと拉麺と書いたりもしますよね。元は中国語からその名前が来ているという説が一般的で、おそらくは中国語で「引っ張る麺」という意味の拉麺が日本語になっているのではないか?という説が有力です。

 

いまや全国各地にご当地ラーメンが存在し、その中でも有名なラーメンに札幌ラーメンがあります。

 

1922年・大正11年に北海道は札幌市で商売を始めた食堂で使われていた「ラーメン」というキーワードがそのまま料理名になったという説もありますが、おそらく同時発生的に様々な要素が絡み合ってラーメンという名前が定着したのではないでしょうか。

 

この辺りについても思いを馳せることにより、よりラーメンの味が深く感じるのではないでしょうか。

 

日本最初のラーメンは来々軒で

 

それでは、日本最初のラーメンは、どのようなお店で作られたのでしょうか?

 

これに関しても諸説あるところではありますが、基本的には一番最初のラーメン店は明治43年・浅草で開業した来々軒という中華料理店という説が有力です。今のようなこってり系のラーメンなどのバリエーションはなく、あっさりとしたスープでした。昔は今のようにそこまで多くの具材を使うということもなく、スープと麺で勝負っ!のような状況であったことも予想できます。

 

昔ながらのラーメン、などと銘打っているラーメンについては、当時の来々軒のようなラーメンを参考にして作られているものもありますね。また、あっさりしたことで知られているラーメンの中には北海道函館市の函館ラーメンなどもあります。

 

あのインスタントラーメンはいつできた?

 

ところで、あのドラマでもおなじみのインスタントラーメンはどのくらいの時代にできたものなのでしょうか?実際のところ、あのドラマとほとんど同じくらいの時期にインスタントラーメンは日本で初めて発売されてそれから平成の時代に至るまで様々な改良がなされ、現在の形のインスタントラーメンがあります。

 

ドラマのモデルになるほどですから、それほどまでに当時インスタントラーメンというのは革命的な発明だったことがわかりますね。

 

日本で最初のラーメンは徳川光圀が食べた?

 

確定的な情報ではないものの、実は日本で最初にラーメンの素となる中華麺を食したのは水戸黄門、つまり徳川光圀であったという情報があります。

 

これは、水戸黄門の時代劇でもおなじみの西山荘に中国から亡命してきた学者さんが訪ねた際に中華麺を振る舞ったという文献があることから言われている説で、おそらくはこれが日本で最初のラーメンだったのではないかという説があります。

平成の時代に入りラーメンブームはますます加熱

 

実はラーメンは平成の時代に入ってからご当地ラーメンブームなどが加速していきました。もちろん昭和の時代にもラーメンはいつだって国民の味方で国民食と言われていましたが、平成の時代に入るとこってり系のラーメンや様々な味付けのラーメンが流行るようになり、これが元で現在のラーメンブームとなりました。

 

もちろん、テレビ番組でラーメン特集が行われたこともそのブームを後押ししたきっかけといってよいでしょう。現在はラーメン共和国などのラーメン関係のフードテーマパークと呼ぶべき存在が増えており、特にラーメンで有名な地方にはこのラーメンに関係するフードテーマパークが多数出展されています。

 

例えば東京港区にはラーメン国技館というフードテーマパークがあり、その他兵庫県の神戸には麺ロードと呼ばれるラーメンミュージアムのようなものがあります。そして、札幌ラーメンの聖地とも呼ぶべき北海道札幌市には札幌ら~めん共和国・札幌ラーメン横丁など、複数のラーメン関係のフードテーマパークが出展されています。

 

今後もますますラーメンブームは加熱することが予想され、現在では日本のラーメンの専門店がなんと海外にも進出しているなど世界的な広がりを見せつつあることも注目しておくべきポイントといってよいでしょう。

 

いかがでしたか?
このようにラーメンは、日本人の近代の歴史とは切っても切り離せない縁があることがわかりました。古いようで新しい、新しいようで歴史がある、そんな不思議な感覚を覚えるのも無理はないのではないでしょうか。今後も新しいラーメンが出てきて私たちの舌を楽しませてくれることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました