ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

エリア51に関する10の新事実 ~CIAが隠し通した最高機密~

エリア51に関する10の新事実 ~CIAが隠し通した最高機密~ UFO 異星人
エリア51に関する10の新事実 ~CIAが隠し通した最高機密~

 

1950年に設立されて以来、エリア51に関する詳細な情報は長い間軍事機密とされ、人々の関心を集めてきました。エリア51は上空の巨大な飛行禁止区域も含めて約60年もの間、一般人が立ち入ることはありませんでした。

情報が明かされないため、その本当の目的について数々の陰謀論が囁かれ、「政府が捕まえた宇宙人やUFOを管理している」、「宇宙人やUFOの極秘の研究が行われている」などの噂もありました。

しかし、近年になってエリア51に関する情報の一部は機密解除されて公開情報となりました。今回は、新たに明らかになったエリア51に関する10の事実や興味深いエピソードを紹介します。 

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

CIAはエリア51の存在すら否認していた 

基地で行われていた実験はアメリカ政府によって非常にデリケートな情報であると見なされたため、CIAはあらゆる公文書でエリア51の存在を否認していました。

冷戦中だったソビエト連邦に軍事計画が漏洩することを恐れたアメリカ政府は、20年もの間エリア51の存在を抹消していたのです。CIAが初めてエリア51の存在を公式に認め、情報を公開したのは2013年のことでした。

エリア51で行われた最初のミッション 

第二次世界大戦後にソビエト連邦の監視を目的に作られたU2偵察機のテストセンターとしてエリア51は始動しました。ロッキード社が設計したこの飛行機は1955年8月1日にテスト飛行を開始しました。

ソビエト連邦や東ヨーロッパを飛行する際は「監視目的ではなく、気象研究機だ」と説明していましたが、1960年5月にソビエト連邦に撃墜され、偵察用の飛行機であることが世界中に明らかになりました。 

 

スポンサーリンク

無人偵察機のテスト飛行 

アメリカ軍は現在さまざまな国の紛争で無人偵察機を使用していますが、その開発が始まったのはかなり昔のことです。1964年、エリア51で、無人偵察機の初のテスト飛行が行われました。

この無人偵察機はD21と呼ばれ、監視用の航空機としての使用を目的としていました。D21は、1969年に完成してから1971年までの間に、中国上空で4つのスパイ任務に使われました。

エリア51で敵軍機が解析されていた 

エリア51では、アメリカに対抗する軍事勢力の軍用機に搭載された技術を盗むための研究が行われていました。最初にエリア51に持ち込まれた外国の戦闘機は、1966年にイラク空軍の隊員が亡命したときにイスラエルで奪取した、ソビエト連邦製ののMiG21だったそうです。

調査によって、アメリカ軍が関与する戦闘の場合にソビエト連邦が利用する航空機の性能と設計の弱点を特定しようとしました。その後も他のMiG戦闘機の調査が続きました。

1970年には、ソビエト連邦のレーダーシステムが極秘に持ち込まれ、エリア51で調査が始まりました。その代わり、敵軍の航空機を解析する施設は1970年代に別の場所に変更されました。

スポンサーリンク

エリア51の存在がミスで開示された 

政府の公的なメモでは、エリア51に関する記述は通常通り抹消されていました。しかし、1967年に一度だけ、重大なミスが起こりました。

CIA長官のリチャード=ヘルムズのメモに、「ベトナム戦争中に北ベトナムにスパイを送るために、偵察機の開発、配備をエリア51で行う」という内容が抹消されることなく残っていたのです。

あまり一般の注目を集めることはなかったものの、諸外国にエリア51の存在が漏洩する危機的な状況に陥りました。しかしその後もエリア51の存在が公式に認められることはなく、2013年までは地図上からも抹消されていました。

 

エリア51での有害物質の使用 

エリア51については機密情報とされていため、噂や憶測が数多く流れていました。その1つが、エリア51では大量の有害廃棄物が投棄され、その事実について職員には守秘義務が課せられているというものでした。

エリア51で扱っていた有害物質が原因で死亡したという職員の遺族が裁判を起こしたことで、この噂は一気に信憑性を増しました。しかしながら、国家安全保障上の重要事項であることを理由に、この裁判は保留となりました。

スポンサーリンク

宇宙からの写真にエリア51が写り込んでしまう 

1974年、アメリカ初の宇宙ステーションであるスカイラブ計画に参加した経験の浅い宇宙飛行士のグループが、不意にエリア51上空の写真を撮影してしまうという事件が起こりました。この事件は国家安全保障を揺るがす問題になりました。

当時CIA局長だったウィリアムコルビーは最終的にこの画像を一般に公開しないことを決定しました。CIAはエリア51を、宇宙からの撮影を禁止する世界で唯一の場所としました。このことから、エリア51で行われていた実験がいかに価値のあるものなのかが分かります。

最新のプロジェクトは次世代の偵察機の開発? 

新たに公開された衛星写真から、エリア51の滑走路の端に格納庫のような、大きな建物が建設されていることが分かりました。このことから、エリア51で行われている新プロジェクトは次世代の偵察機の開発なのではないかと予想されます。

この新プロジェクトについて国防ジャーナリストのタイラー・ロゴウェイはこのようにコメントしています。

「空軍は、長距離飛行が可能な無人の偵察機のプロトタイプが存在することを認めています。航空写真から見つかった格納庫には、幅約170フィートの巨大なドアが取り付けられており、航空機のような大きな物体を扱うように特別に設計されていることが分かります。」

スポンサーリンク

ウサーマ・ビン・ラーディン殺害作戦のテストが行われていた? 

2011年5月、アメリカ海軍特殊部隊であるネイビーシールズがパキスタンで実施したウサーマ・ビン・ラーディン殺害計画には、2機のブラックホークヘリコプターが使用されました。

ミッション中に片方のヘリコプターが墜落したあと、現場の写真を見た専門家は、これが通常のヘリコプターではないことにすぐに気が付きました。

専門家によると、「このヘリコプターはブラックホークがロッキード社によって大幅に改良されたモデルであり、この機体が運用前にテストされた場所はエリア51である可能性が高い。」とのことです。

この改良により、航空レーダーから完全に逃れられるとまではいかないものの、以前のモデルよりはるかに発見が困難になると考えられています。

エリア51の信じがたい陰謀論 

一切の情報が明かされなかったためにエリア51にまつわる陰謀論は無数に存在します。その中でも最も信じがたい陰謀論は、アニー=ジェイコブセンが2011年に記した、エリア51の歴史についての書籍でしょう。

アニーは書籍の中で、エリア51が1947年にロズウェルで発生したUFO墜落事件を隠蔽するために、アメリカ政府が設置した施設であると主張しています。さらに、墜落したUFOはソビエト連邦が開発したもので、ソビエト連邦はUFOを操縦させるために遺伝子組み換えによって宇宙人のような外見の子どもを生産していると言います。

また、アニーはこの墜落事件はソビエト連邦がアメリカ国民に宇宙人に攻撃されているという恐怖を植え付けるために実施した作戦だと断言し、子どもたちの遺伝子組み換えを行ったのは、第二次世界大戦中にアウシュヴィッツで人体実験を繰り返したヨーゼフ=メンゲレであると話しています。 

スポンサーリンク
  

いかがでしたか?
長い間、存在すらひた隠しにされてきたエリア51には、信憑性の高いものからSF作品のような信じがたいスケールのものまで、数多くの噂があります。機密解除されたあと、それらの噂はCIAやエリア51の職員の証言によって否定されました。しかし、軍事基地という性質上、多くの情報がメディアに公開されることなく謎のままになっています。謎は人々の興味を掻き立て、噂や憶測を呼ぶものですが、決して敷地を探索しようとは考えないでください。 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました