ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

奇妙な科学の物語 ~SFのような爆発的進歩~

奇妙な科学の物語 ~SFのような爆発的進歩~ 科学
奇妙な科学の物語 ~SFのような爆発的進歩~

 

近年、科学技術は凄まじい勢いで進化し、SF作品に出てくるような発明が次々と現実世界のものになっています。これまではただのオカルトだと思われてきたような現象が、科学的に実証されることも多くなってきました。

ドラえもんに出てくるような”ひみつ道具”でさえ、現実世界で実用化され始めているのです。私たちが生きているこの世界には、私たちの想像が及ばないような秘密が隠されているのかもしれません。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

iOSの予測変換で論文を書いた男

カンタベリー大学のクリストフ=バートネック教授は、アメリカで開催される核物質学の学会に論文を提出することになりました。しかし、困ったことに教授は核物質学に関する知識がほとんど無かったのです。

そこで、教授はかなり斬新な方法で論文を書くことにしました。iOSの予測変換機能を使ったのです。教授は、文章を「原子」や「核」という言葉で始め、残りの部分を予測変換機能で埋めました。

そうして、「原子エネルギーは単一のソースで利用可能になる 」( Atomic Energy Will Have Been Made Available to a Single Source)というタイトルの論文ができあがりました。この論文は提出されてからわずか3時間で審査を通過し、教授には学会で口頭でのプレゼンテーションをする機会が与えられました。

 

時空の狭間に消えた星

パルサーとは、自ら崩壊して電磁無線パルスを放出する、重く密度の高い星です。オランダの科学者たちが J1906 というパルサーを観察していましたが、5年ほど観察を続けたある日、突然 J1906が消滅したのです。

詳しく調査してみると、実際には J1906は伴星の周囲の軌道によって形成された、時空の歪みの中に隠れていたため、観測不能になっていたのでした。次に J1906が観測可能となるのは 約160年後だと推測されています。

スポンサーリンク

タイムトラベルの実現

「閉じた時間曲線」はアインシュタインが提唱した概念で、量子物理学でタイムトラベルを可能にするために長い間理論化されてきました。

この理論の本質は時空構造のループですが、そのループに沿ってタイムトラベルを行うと、トラベラーが過去の自分に接触し、パラドックスが起きるため、この理論でのタイムトラベルは不可能だとされてきました。

しかし、シンガポールの研究者たちによって、「開いた時間曲線」を前提とすれば、過去の自分に接触しないタイムトラベルが可能であるという論文が発表されました。

この論文によると、開いた時間曲線において、量子やそれが持つ情報は過去と完全に断絶していて、過去の自分に影響しない常態が仮定できるのだそうです。

 

ミトコンドリアの移植

最近、メキシコの医師が、アメリカの科学者の助けを借りて、母系ミトコンドリア遺伝病を克服するための革新的な技術を開発しました。

ミトコンドリア置換法と呼ばれるこの技術では、ドナーの卵子からミトコンドリアを残して細胞核を除去し、そこに遺伝病を伝える恐れがあるミトコンドリアDNAを持つ母親の卵子から抽出した細胞核を移植します。

この技術で生まれた最初の乳児は、神経変性疾患であるリー症候群の遺伝を免れました。この手順はアメリカではまだ承認されていません。イギリスでは承認されていますが、まだ実行されていません。

スポンサーリンク

3つの太陽がある惑星

宇宙には無数の惑星が存在しますが、地球から約320光年離れたところにある、ケンタウルス座 HD 131399abは、他に類を見ない性質を持っています。この惑星は、木星の4倍の質量を持つ巨大な太陽系外惑星で、3つの太陽の引力の影響を受けるため、特異な軌道を描くのです。

科学者は長い間、このような常態にある惑星は引き裂かれるか、軌道から放り出されると考えていました。しかし、この惑星は奇妙なことに、約1600万年もの間 生き残っているのです。

 

10%しか脳がない男

44歳のとあるフランス人男性が、左足の衰弱を訴えて医師の診療を受けたとき、CATスキャンで異常な結果が出ました。男性の頭蓋腔を満たしていた体液に、ゆっくりと脳が浸食されていたのです。

男性の脳はわずか10パーセントしか残っていませんでしたが、成人男性の脳として充分な機能を果たしていました。脳の90%もの領域を失っているのにも関わらず、脳の機能は失われていなかったのです。

脳内の再生機能は考えられていたよりもはるかに柔軟なのかもしれません。

スポンサーリンク

人間醸造所

2015年にニューヨーク州バッファローの郊外で、警察が飲酒運転の疑いで女性の運転手を逮捕しました。彼女はろれつが回らない常態で体からアルコールの匂いを放ち、道路をジグザグに運転していたため、嫌疑は充分でした。

調べてみると、彼女の血中アルコール濃度は、基準値の4倍以上でした。しかし、裁判で彼女は無罪となりました。女性は体内で勝手にアルコールが生成される体質であるという証拠が提出されたからです。

この体質は、決して楽しいものではありません。パンやその他の炭水化物を摂るだけでアルコールが生成されてしまうため、この体質を持つ人は自由に食事することさえできないのです。

一部の患者は、食事をしただけで酔っ払いの段階を通り越して、ひどい二日酔いになります。この裁判で担当の弁護士と医師がその存在を明らかにするまで、彼女は自分の症状に気づいていませんでした。

 

食べ物を増やせるコピー機

フィンランドのVTT技術研究センターは、都市農業の未来を変えてしまうようなデバイスの試作品を作成させました。「セルポッド」と呼ばれる、ランプのような形で、キッチンの棚に収まるほど小さなデバイスです。

このデバイスを使うと、植物の未分化細胞を用意するだけで、1週間以内に充分な栄養素を含んだ食物が3Dプリントされます。このデバイスを使えば、食用でない建築用の木材などから食料を生産することさえできるのです。

スポンサーリンク

テレパシーマシン

2014年、アメリカの科学者は驚くべき実験を発表しました。脳を傷つけない特別な機械を使って、「こんにちは」など、頭の中で思い浮かべた簡単なメッセージを別の被験者に送ることに成功したのです。

片方の被験者が単語を思い浮かべると、インターネットに接続されているデバイスが脳波を読み取り、それをバイナリーコードに変換します。

そして、バイナリーコードをインターネット経由で、受信者が着用しているデバイスに送信すると、そのデバイスが受信者の脳にメッセージを光の点滅として伝えるのです。

純粋に心を読み取るテレパシーとは違うものの、さらに多くの研究分野に役立つことが期待されています。

 

死後の世界の存在

臨死体験や幽体離脱などの現象は、長い間非科学的なものとして扱われてきました。しかし、イギリスの科学者たちは、大規模な研究により、脳が機能しなくなった患者にも意識が存在することを証明する、最初の手がかりを発見しました。

最も説得力のあるケースの1つでは、57歳の男性が、自らの意識が遺体から抜け出し、自分を蘇生させようと努力する周りの人の姿を鮮明に見たという臨死体験を証言しました。

男性は3分間隔でビープ音を発するマシンから、2回のビープ音を聞いたことも証言しました。これは、タイミングも回数も男性の脳が停止していた間に鳴ったビープ音と完全に一致しています。

スポンサーリンク
いかがでしたか?
今までは空想の産物でしかなかったような現象が次々と科学的に解明されていくとともに、科学が社会に及ぼす影響はますます大きなものになっています。数十年後には、現在からは想像もつかないような未来が待っているかもしれませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました