ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

プロキシマB ~地球外生命体が存在する可能性~

プロキシマB ~地球外生命体が存在する可能性~ 未分類
プロキシマB ~地球外生命体が存在する可能性~

 

2016年8月、欧州南天天文台(ESO)が、新たな太陽系外惑星を発見しました。この系外惑星は、プロキシマbと命名されました。この名前は、主星であるプロキシマケンタウリに由来します。

プロキシマbは、地球とよく似た惑星なので「第2の地球」と呼ばれています。最近の研究で、この惑星には生命活動に必要なだけの水が存在する可能性が残されていることが分かりました。

このことは、宇宙に地球外生命体が存在できる環境があるかもしれないということを示唆しています。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

主星の影響

現在分かっている中で、この惑星は太陽系から最も近い系外惑星です。また、主星であるプロキシマケンタウリは太陽系から最も近い赤色矮星で、地球からおよそ4.2光年離れています。発見された当時、この惑星に地球外生命体が存在するのでないかと天文学界を賑わせていました。

しかしそれ以降、これまでの研究では、地表や大気中に水が液体として存在する可能性は低いと考えられてきました。なぜなら、主星によるフレア活動が惑星に与える影響が甚大だからです。

スポンサーリンク

プロキシマbの環境

NASAに所属するアンソニー・D・デル・ジェニオ氏が主導した最新の研究によると、この惑星に液体として水が存在する可能性はまだ残されているそうです。

しかし、赤色矮星の周囲を公転しているプロキシマbには、生命活動が難しいとされるいくつかの環境的要因があるのです。要因のひとつとして、主星に近い位置で公転しているため、気温が上昇しやすいことが挙げられます。

また、主星が紫外線や放射線、恒星風を強烈に放つため、地表の大気や水が失われてしまうこともあります。本来、プロキシマケンタウリは不安定な変光星なので、そのフレア活動は惑星に大きな影響を与えます。近年では、肉眼でも観測できるほどの巨大なフレアも起こっています。

これは、不安定な赤色矮星の周囲を公転している惑星は、いずれ大気を完全に奪われてしまうということを示唆しています。

未だ謎が多いプロキシマbの進化

多くの研究が行われているものの、この惑星の進化には未だ多くの謎が残されています。そのため、かつては盛んに生命活動が行われるような環境の星だったという仮説もあるのです。

デル・ジェニオ氏は最新の研究で、誕生当初、プロキシマbは主星から離れた場所にあり、時を経て内側へと移動してきたという可能性について言及しています。この場合、誕生当初の環境は現在のように過酷なものではなかったでしょう。

さらに、水素が分厚い層を作り、地表を覆っていたという仮説もあります。その層がたとえ放射線で奪われたとしても、”生命活動が可能な核部分”は残されているでしょう。

また、当時、地球の10倍ほどの水が生成されたという仮説も提唱されています。それが事実だとすると、主星の放射線が水の90%を奪ったとしても、海が形成できるだけの量は残ります。さまざまな仮説が立てられていますが、確かなことはまだ何も分かっていません。

スポンサーリンク

地表に大気と水があったら

この惑星の地表に水、大気が存在すると仮定した上で、その環境は生命が生存可能なものなのかどうかを考察するため、シュミレーションが行われました。使われたのは、ROCKE-3Dというソフトです。

まず、このソフト上で、大気のモデル実験が行われました。この惑星の地表に存在する可能性のある、あらゆる大気をモデル化したのです。シュミレートされた大気モデルの中には、火星と同じようにほとんどが二酸化炭素で形成され、単独で温室効果を持つものや、地球と同じように多くの窒素とわずかな二酸化炭素から形成されるものもありました。

さらに、大気モデルだけでなく、海の水深や塩分濃度、大気の厚さなどもシュミレートされました。また、「水星のように軌道共鳴は発生するのか」や、「月と地球のように潮汐ロックは起こっているのか」などの詳しい条件も考慮されました。

地球外生命体が存在する可能性

シュミレーション実験が行われた結果、どのパターンで進化してきたとしても、少量の水なら液体として残っているということが分かりました。また、海の塩分濃度が極端に高いケースでは、氷点下を下回る気温ならば、表面のほとんど全体が液体で覆われるという可能性も判明しました。

さらに、潮汐ロックが存在する場合、主星の方を向いている海面と、その裏側の海面で熱の運搬が行われるため、暗闇に覆われた裏側にも生命が存在できる可能性が明らかとなりました。

このシュミレーションから、地表に水と大気が存在するならば、そこに生命が存在する可能性は充分にあるといえます。地球外生命体が存在するかもしれないという希望のある星なのです。

スポンサーリンク

観測精度が向上

現在、主星であるプロキシマケンタウリが、不安定な変光星で、フレア活動が活発であることはよく知られています。プロキシマbはその影響を大きく受けるものの、生命体が存在するという仮説はいくつも立てられています。

これは、その他の赤色矮星の岩石惑星にも当てはまります。天の川に存在する恒星の70%が赤色矮星の岩石惑星です。つまり、生命が存在しうる環境を持った星は無数に存在するのです。

近年、数多くの新たな観測機材が登場したため、観測精度の向上が期待されています。今後の系外惑星の発見と研究成果を楽しみにしましょう。

地球外生命体に”大絶滅”の疑い

メレディス・マグレガー氏が率いる研究チームが、2017年3月24日、プロキシマケンタウリで、非常に巨大なフレアの発生したことを発表しました。当時、プロキシマbは強烈な放射に見舞われたようです。

このフレアは、太陽で発生した史上最大のフレアの10倍ほどの規模でした。また、この惑星が見舞われた放射線のエネルギーは、大気や海水が蒸発し、液体としての水が消失してしまうほどのものでした。もし、地表に生命体が存在した場合、この放射線の直撃により大絶滅が起こったでしょう。

その日の巨大なフレアはおよそ2分間も続いたたため、仮に知的生命体が地下帝国を築いていたとしても、甚大な被害を受けたことは間違いありません。このような災害で、地球外生命体の存在が期待される惑星が被害を受けたことは、天文学にとっても口惜しい限りです。

スポンサーリンク

 

いかがでしたか?
”第2の地球”と呼ばれたプロキシマbは残念なことになってしまいましたが、宇宙全体を見れば、地球外生命体が存在する可能性は低くないということが分かりました。宇宙は非常に興味深いもので1つの研究成果が多くの謎を解明することもあります。プロキシマbは地球から4光年以上離れているため、現在の様子は4年後にならないと地球からは観察できません。これからの新しい発見を楽しみに待ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました