ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

100年後の人類 ~私たちの生活に起こる変化6選~

100年後の人類 ~私たちの生活に起こる変化6選~ 未来
100年後の人類 ~私たちの生活に起こる変化6選~

 

私たちが子供の頃と比べ、現代の技術進化はめまぐるしいです。車が空を飛んでいることを夢見ていた大人も多いのではないでしょうか? 現代の空は残念ながら、鳥と飛行機だけのものですが、100年後はどうなっているでしょう。

今回のテーマは、そんな100年後の人類を考えてみます。某映画のようなパワースーツを着て空を飛んだりする姿、かっこいいですよね。実は、一部科学者や思想家の間では、将来的にこれらが実現しているのではないか?
という仮説を立てている方が多くいるのです。

今回はこれから人類の生活に訪れる衝撃的な変化の中から、いくつか紹介致しましょう。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

老化を克服した肉体

カルフォルニアを拠点としているとある研究組織は、100年後に人類は寿命を克服すると考えています。一体どうやって克服するというのでしょうか?今なお動き続ける私たちの身体は、常に代謝を行っています。

これにより身体中の細胞は徐々に壊れていき、ついには再生しなくなるのです。再生しない細胞の積み重ねが私たちのよく知る「老い」と言う現象になります。この事実は現代でも証明されていることなのですが、研究組織はこの代謝に着目しました。

簡単に説明すると、「壊れるなら交換してしまえ」という考え方です。例えば車などの機械は、壊れた部品が見つかると交換しますよね?人体にも同じことが言えるらしく、壊れた細胞を新しい細胞と交換、または修復するのだといいます。

これは、人類が機械の身体になる、というわけではなく生身で受ける、いわば治療の域で行われる技術だと言うのですから驚きです。この技術を人類が手にする確率は50年先で50%、100年先で90%程だといいます。人生100年の時代、なんて呼び方も後100年しか使えないかもしれませんね。

義手義足の進化

イギリスのロボット企業が義手義足の研究に取り組んでいます。その内容はまさに「映画のような人体パーツ」。 金メダリストのような世界的スピード、更には重機のような有り得ない筋力まで。もはやこれらの夢想は現実味を帯びて来ているのです。現代において、義手義足に置けるイメージは補助的なものでしょう。

しかし前述したようなスペックを持つとしたらどうですか? そう、未来的な義手義足はもはや強化パーツなのです。イギリス企業の関係者は、将来的に健常者もこれらを求めるようになるそうです。

現に今も、この強化パーツを待ち望む声は確実にあるといいます。しかしながら課題も多く、人体にうまく適合させるのは難しい、というのが現状です。研究は進められていますが実現するのは100年後になるかもしれません。 夢見る人々の為にも、是非頑張って欲しい研究です。

スポンサーリンク

自分の身体をアップデート

みなさん、今お持ちの端末はアップデートしましたか? 将来アップデートするのは自分の身体になるかもしれません。スペイン・バルセロナのとある人物は自分の身体にチップを埋め込み、大気の変動を把握したり、感覚を敏感にするなど、自分の身体をより高性能なものにしています。

彼らは、将来的にこれらが当たり前になるものだと考えています。例えば、自分の後ろにあるものが感知できるようになったり、今見ている景色がそのまま撮影されたりしたらおもしろいとは思いませんか?

100年後の未来ではこのような機能を「搭載」した人が当たり前になり、携帯端末を持ち歩く人は少なくなるのではといいます。現代でもお財布代わりにチップを手などに埋め込んでいる方がいるので、もはやその前兆は現れてきているのですね。あなたは自分の身体にどんな機能を搭載しますか?

ネットに繋がる脳

仕事や私生活に、もはや欠かせない存在となったネット環境。私たちの社会は、これらコンピュータネットワークにより構築されている、と言っても過言ではないくらいに依存しています。現在はパソコンやスマートフォンなどで利用している方が大半ですが、この「道具」を手放す日が来るというのです。

とある研究者たちの間で、近い将来人類の脳はオンライン状態になれると言われています。具体的に説明すると、脳にチップを埋め込むことによって今までのような道具を持たずにオンライン状態になる、ということです。友人とアイテム無しで会話ができるなんて、すごく画期的ですね。

しかし、一見素晴らしいこの技術、専門家達からは危険だという声もあります。例えば個人情報やビジネスに関する危険性。流出や犯罪に応用されるケースが既にいくつも考えられているそうです。

更に健常者に適応するのか、という懸念もあります。現状では脳の病気に対する補助的な利用に向けた研究が進められています。義手の件も同じでしたが、補助的な利用から発展させていくのが、今の人間にとって進化の順序なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

機械的な身体進化

「トランスヒューマニズム」という言葉をご存知ですか?

超人間主義と訳されるこの思想は、最新技術用いて身体機能を前例のない形で向上させよう、というものです。 サイボーグのようなイメージが近いかもしれません。この思想家たちはすでに自分の身体にチップなどを埋め込み、利便性の高い身体にして生活しています。

さらにこのトランスヒューマニズムが、将来的に当たり前になると考えられているのです。現在の医療技術を見てみると、目や心臓など重要な部位を機械に置き換えるといったものが、既にいくつも存在しています。今後、開発が予想される技術としては、肉体強化、仮想現実、寿命の延長にまで及んでいます。

また、これらの技術が人々に施され日常的なものになった場合、彼らは自身の身体を定期的にアップデートするようになるとも考えられています。現代のシステム更新と同じ感覚ですね。

しかし、なぜこのような進化が求められているのでしょうか。それは「シンギュラリティ」と呼ばれる人工知能が人類を超越する日に備える為です。我々人類は進化すると共に、敵対する可能性がある存在をも生み出してしまいました。共存を生むか対立を生むかは、この研究にかけられているのかもしれません。

支配される人類

私たちが暮らすこの地球で、人類は他の生物を圧倒する実質的な支配力を手にしました。そして地球の外にまで伸ばそうとしているその手、実は内側にも伸びていたのです。アリゾナ州立大学の学者が、人類は将来的に管理される側の存在になると言っています。

とあるSF映画で、人間社会がAIによって管理されているものがあります。あれと同じ環境になるということです。 なぜそのようなことが起こるのか、それは人間が本能的に楽をしようとしているからです。

社会でも、人々を先導するより指示を待っていた方が圧倒的に楽できますよね。実際指示を待つ人間は多く、必然的に需要が供給を呼び、AIなどの機械に管理を任せた生活になるだろう、という予測なのです。そんな社会を構成するほどの規模ですから、ここ数年で完成することは無いでしょう。

一方で、人間の弱い本能に根差したこの未来は、人のあり方をも変えてしまうと考えられています。AIが人類の想像を超え、気付かぬ内に社会を浸食するのか、そのまた裏でAIを操る人物が人類を操作するのか。

あくまで人の手によって作られる未来ですが、果たして実権を握るのは、人類か機械か。果たしてあなたはその時、気付くことができるでしょうか?

 

いかがでしたか?
映画やSF小説に出てくるような内容ばかりでしたね。日々成長している人類の技術は、もはや進化と呼べる水準にまで達しようとしています。野生動物の進化は何千何万年かけて行われるのに対し、機械的な進化となると数十年です。このスピードに人類、あるいは地球は対応できるのでしょうか。夢や可能性の先にある危険性も気になるところですが、次世代に期待するとしましょう。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました