ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

天空の城ラピュタは実在する?~気になる由来と元ネタ~

天空の城ラピュタは実在する?~気になる由来と元ネタ~ 雑学
天空の城ラピュタは実在する?~気になる由来と元ネタ~

 

多くの日本人にとって、幼いころからなじみがある「スタジオジブリ」。となりのトトロという代表作を持ち、知らない人はいません。

それだけでなく、2001年公開の千と千尋の神隠しにいたっては、歴代興行収入ランキング1位の作品となっています。ジブリの名作は多くありますが、その中の1つが「天空の城ラピュタ」です。

皆様は、天空の城ラピュタに、多くの都市伝説があることを、ご存知ですか?今回は、天空の城ラピュタにまつわる、いくつかの都市伝説をご紹介します。 

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る
スポンサーリンク

バルスには由来となった言葉がある!? 

天空の城ラピュタで、最も有名なシーンと言っても過言ではないのが、パズとシーターが手を重ね合わせて「バルス」と叫ぶシーンです。この「バルス」は、夏休みに地上波放送されるたびに、Twitterの急上昇ワードにあがるほどに、日本に浸透している言葉です。

この「バルス」という言葉ですが、実は元の言葉があるのでは?と噂されています。その元の言葉だと言われるのが、「バルシュ」。これはトルコ語で、「平和」の意味をもつ言葉です。

天空の城ラピュタでは、この言葉を発した後、ラピュタは崩壊します。それによって、「平和」が訪れると考えたのかもしれません。矛盾しているようで、なんだか納得してしまいます。 

 

スポンサーリンク

登場する飛行石のモデルがある!? 

天空の城ラピュタに出てくる、キーアイテムの「飛行石」。飛行石は珍しい石ではありません。ただ、「ラピュタ人」にしか掘り起こせない、不思議な石で、普通の人が掘り起こしても、そこらへんにある、ただの石に変わり果てるのです。

この飛行石のモデルは、「砂漠の魔王」という作品に、でてきているのではないか?と言われています。この作品は、宮崎駿監督が幼少期に、夢中になっていたと言われるもので、そこからアイディアを得たのでしょう。

スポンサーリンク

ふしぎの海のナディアが元ネタ!? 

実は、天空の城ラピュタという作品には、元ネタがあったのではないかと、推測されています。宮崎駿監督が過去に作成していた、NHKの企画の1つが、「ふしぎの海のナディア」の前身です。

この作品には、飛行石に似ている謎の青い石や、超古代文明が出てきます。天空の城ラピュタとの共通点も多いので、ふしぎの海のナディアが元ネタと言われることが、多いのでしょう。 

ラピュタは実在する!? 

天空の城ラピュタを見ていると、胸が高まりワクワクしてきます。「こんな場所が、本当にあったらなぁ…」と思ったことがある方も、いらっしゃるかもしれません。天空の城ラピュタは実在するのでしょうか?

残念ながら、ラピュタは実在しないと思われます。ただ、モデルになったと思われるものはあります。それが、ジョナサン・スウィフトが書いた「ガリバー旅行記」です。 

ガリバー旅行記の中に出てくる島が、ラピュタのモデルとなっていると言われているのです。ガリバー旅行記ではラピュータと呼ばれ、空飛ぶ島として登場します。ガリバー旅行記は宮崎駿監督の、愛読書でしたので、ラピュタを作る際のヒントになっていたとしても、まったく不思議ではありません。 

ガリバー旅行記以外にも、「神話がもとになっているのでないか?」「いやいや、あの本がもとだろう」と様々な憶測が飛び交っていますが、ガリバー旅行記が最も有力でしょう。

実際に存在しないと思われるラピュタですが、「人が想像できるものは、全て存在しうるものだ」という言葉もありますので、もしかすると、今はまだ見つかっていないだけで、ラピュタはこの世界のどこかに、実在するかもしれません。 

 

いかがでしたか?
天空の城ラピュタは、何年経っても色あせない名作です。これからも何度も、地上波で放送されるでしょう。その時には、今回の都市伝説を、ぜひ他の人にも話してみてくださいね。

スポンサーリンク
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました