ブログ記事をYouTubeでらららが配信しています!

宇宙人は存在する ~フェルミのパラドックスと4種類の特徴~ 

宇宙人は存在する ~フェルミのパラドックスと4種類の特徴~  宇宙
宇宙人は存在する ~フェルミのパラドックスと4種類の特徴~ 

宇宙人は存在します! と、断言したいところですが、実際には分かりません。研究者の間では、「ほぼ存在するだろう」と言われています。今回は、謎に包まれるエイリアンについてまとめました。

宇宙人に関する事件や、「フェルミのパラドックス」、そして宇宙人4種類をチェックしましょう。読めばきっと、「ファンタジーの話だ。」とは言えなくなるはずです。

あなたの隣にいる人は、本当に人間でしょうか。地球外生命体が、人間を装っているだけかもしれません。 

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る

スポンサーリンク
 

宇宙人は存在するはず

「宇宙人はいるのだろうか?」誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。「SFや漫画だけのものだ。」、そう考える人もいるでしょう。しかし、多くの研究者は「存在する」という考えを持っています。車椅子の天才物理学者、スティーヴン・ホーキング博士も肯定派です。 

世界中で、不思議な出来事が発生しています。「地球外生命体の仕業だろう。」「エイリアンがいるはずだ。」と、噂されているのです。いくつかご紹介しましょう。

「ロズウェル事件」をご存知でしょうか。1947年、アメリカのニューメキシコ州ロズウェル付近で起こった事件です。墜落したUFOが、米軍によって回収されたという話です。米軍は「ただの気象観測用気球だった」と否定していました。しかし、FBIの資料には「空飛ぶ円盤を回収した」とメモが残されていました。また、運び込んだ先もUFO業界では有名です。アメリカ・ネバダ州南部の「エリア51」。この近辺では、未確認飛行物体が頻繁に目撃されています。「エイリアンと共同研究している」と囁かれるほどです。

1967年には、英国ケンブリッジ大学の 大学院生ジョスリン・ベルが 強い電波信号を捉えました。規則的に変化する特徴を持っており、通常の電波信号とは明らかに異なります。ベル氏の観測によると、1時間に15度、東から西に移動していることが分かりました。このスピードや動きは、星と全く同じです。つまり、地球以外の場所から発しているのです。

1982年には、ポルトガル空軍が 未確認飛行物体と遭遇します。高度1500メートルで、30分にわたり、空軍機のまわりを見知らぬ物体が飛び回っていたというのです。直径3m程度の円盤型で、金属製と見られています。最後には、目にも留まらぬ速さで去っていったそうです。これが、UFOじゃないとしたら、なんなのでしょうか。

また、2016年には「遂に宇宙人発見か?」と大騒ぎになりました。NASA(米航空宇宙局)が木星衛星「エウロパ」について、重大な発表をしたのです。残念ながら、実際に宇宙人を見つけたのではありません。「エウロパ」の表面から、高さ約200キロまで水分が噴出する様子を観測したのです。しかも3回にかけて。水があれば、生物がいる可能性は高いと考えてよいでしょう。さらに宇宙開発が進めば、エイリアンと出逢うかもしれません。 

 

スポンサーリンク

宇宙人はいるはず、なのに会えない「フェルミのパラドックス」

「フェルミのパラドックス」とは、「宇宙には知的生命体がいるはずなのに、未だ接触していない」という矛盾を表しています。イタリアの物理学者エンリコ・フェルミの指摘です。

世界中で話題になりましたが、確かな答えはいまだに見つかっていません。そもそも宇宙人はいない、という説もあります。いなければ地球に来るはずもなく、出会うこともあり得ません。

しかし、宇宙人はすでに地球にいるが、私達が気付いていない、という場合も考えられます。公表されていなかったり、姿を変えていたり、認識できなかったり。そうなれば、一般人には分かりません。また、地球上には今はいない、という考えもあります。過去に地球には来ていましたが、現在はなんらかの理由で帰っていったのかもしれません。

さらに、宇宙人は生きているが、まだ科学的に発展していないという見解もあります。宇宙船など、高度な技術が開発されていない可能性もあります。他にも、今は休眠中など、様々な憶測が飛び交っています。

一方、宇宙人と遭遇したという人も一定数います。話を聞くと、いくつかの種類に分けられるようです。特に有名な4種類を解説します。 

 

スポンサーリンク

最もポピュラーな宇宙人「グレイ」

「宇宙人」と言っても、豊富な種類があります。エイリアンと聞いて、ほとんどの人が思い浮かべるのが「グレイ」です。アメリカでの宇宙人による誘拐は、この「グレイ」が9割を占めているとも言われています。

見た目はその名の通り灰色です。個体にもよりますが、身長は120cm〜150cm、頭部は大きく、手足は細いです。顔が特徴的で、アーモンド型の目に、小さな口だそうです。鼻は無い場合が多いです。手の指は3本から4本とのことです。

この「グレイ」は、先述の「ロズウェル事件」にも関わっています。事件当時1947年には、エイリアンの情報は出ていませんでした。しかし、その後1980年代に再調査した際に、状況が一変したのです。墜落した円盤や、「グレイ」の死体を見たという証言が続出しました。 

 

スポンサーリンク

エイリアンぽさNo.1「リトル・グリーン・マン」

「リトル・グリーン・マン」は、1950年代ではメジャーなエイリアンでした。緑がかった肌が特徴的です。身長は小さく、80cm〜120cmです。頭にアンテナが生えているという目撃例もあり人間とはかけ離れています。

アニメ『トイ・ストーリー』シリーズを見たことがあるでしょうか。緑色の小さな宇宙人のおもちゃが登場します。名前は「エイリアン」とも「リトル・グリーン・メン」とも呼ばれています。「リトル・グリーン・マン」ではなく、「リトル・グリーン・メン」。ほとんど3匹で行動するので、複数形になっています。 

 

スポンサーリンク

心を読む!「アンドロメダ星人」

「アンドロメダ」という単語、よく聞きませんか? 私達の住む銀河系の隣にある銀河です。肉眼でも見えます。身近なことから、ファンタジー作品で名前を借りている場合があります。『宇宙戦艦ヤマト』の宇宙戦艦や、『聖闘士星矢』の登場人物、新しいもので言えば『ハリー・ポッター』に登場するキャラクターにも付けられています。

そんな「アンドロメダ銀河」からやってきたのが、「アンドロメダ星人」です。外見は、地球上の人間とほぼ同じと言われています。違いは少し大柄という点だけですので、地球にいても気付かないかもしれません。

「アンドロメダ星人」は、テレパシーで心を読めると考えられています。私たちの日常で 知らずのうちに接触している可能性も高いです。言語など関係なく、心で通じ合う事ができるといわれています。 

 

スポンサーリンク

チャーミングな「ノルディック型エイリアン」

「ノルディックエイリアン」は、白人とほぼ同じ見た目です。白い肌に、金髪、青または茶色の目。その辺を歩いていても、不自然さは全く有りません。事例で面白いのは、「ノルディックエイリアン」の女性型です。魅力に溢れており、地球人を誘惑するというのです。

UFO研究科のジョージ・アダムスキー氏も、この「ノルディックエイリアン」に遭遇しているようです。1952年11月20日のことです。「オーソン」という金星人であると、アダムスキーは主張しています。「宇宙人と会った」と発言した内容は、「ノルディックエイリアン」の特徴にも当てはまります。アダムスキー氏はその後書籍を出版したり、UFOの写真を撮影したりしています。 

 

いかがでしたか?
宇宙人は存在する、と言われても頷けるのではないでしょうか宇宙を超えてここまでやってきたからには、かなりの知性があるはずです。UFOに乗っていたり、体が緑色だったり、目立つ外見はないと考えられます。地球にエイリアンが降り立っていても、人間と同じ格好であれば分からないでしょう。もしかしたら、気付いていないだけかもしれません。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました