YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

バチカンとナチスの黒い噂 ~第二次世界大戦の闇~

バチカンとナチスの黒い噂 ~第二次世界大戦の闇~雑学
バチカンとナチスの黒い噂 ~第二次世界大戦の闇~

 

バチカン市国と言えば、イタリア・ローマ市内に存在する世界最小面積の独立国家で、同時にカトリックの総本山として有名ですが、一般人が入れるのはサンピエトロ大聖堂前の広場とバチカン美術館だけとなっています。

情報によると、非公開エリアにはバチカンで働く人々が利用するスーパーマーケットや診療所、ガソリンスタンドなどがあり、職住者の現代的な暮らしをうかがうことができます。

一方で、ナチスと言えば、1933年から1945年までのドイツ国の呼称であり、独裁者として有名なアドルフ・ヒトラーと国家社会主義ドイツ労働党、通称ナチ党の支配下におかれ、ナチズムの考え方が強制される全体主義国家でした。

1939年には、ナチスが第二次世界大戦を引き起こし、欧州のほぼ全土を一時的に支配下におきました。

ユダヤ人に対する迫害やジェノサイドなど、数多くの戦争犯罪を引き起こしました。

今回は、都市伝説で有名なバチカンとナチスの黒い噂と、その噂が囁かれることになった理由をご紹介します。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る


 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

参考 : washingtonpost, wikipedia, など

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました