YouTubeでもチェック&チャンネル登録!

月は何者かに造られた人工物!? ~身近な天体に隠された多くの謎~

月は何者かに造られた人工物!? ~身近な天体に隠された多くの謎~UFO 異星人
月は何者かに造られた人工物!? ~身近な天体に隠された多くの謎~

 

21世紀に入ってからというもの、一気に宇宙開発の機運が高まっています。

しかし、かつてのSF映画などでは、21世紀の人類は容易に宇宙空間を旅したり移動したりしているように描かれていましたが、実際には人類の科学技術はまだそこまでのレベルに達していません。

NASAによるアポロ計画で人類が初めて月面着陸を成し遂げたのが1970年代のことですが、まだそれを超えるようなセンセーショナルな出来事は起きていないのが現状です。

しかし、技術は着実に進歩しており、宇宙旅行は少しずつ現実のものへと近づいています。

NASAは現在、宇宙開発にかかるロケット事業を民間に委託しており、近年ではイーロン・マスク氏率いるスペースX社が世界の先頭となってさまざまな挑戦をしています。

イーロン・マスク氏は月への有人探査だけではなく火星への有人探査も計画しており、火星へ100万人もの人間を送り込む計画も発表しています。

そういった流れの中で、最近では月よりも火星が非常に注目を集めているといえるでしょう。

しかし、月にはまだ多くの謎が隠されています。

月は私たちにとって最も身近な天体でありながら、まだまだ遠い存在でもあるといえます。

そのため、月については多くの噂も囁かれています。

今回のLALALAミステリーは、そんな月とはいったいどのような存在なのか、改めて考えてみましょう。

 

LALALAちゃんねる!の動画で見る


 

 

参考 : express, nytimes, など

 

月面の53年前の星条旗の現在 ~意外すぎる衝撃の真実6選~
アポロ11号は月の大地に、着陸成功をした偉業を記念して星条旗を設置しました。月に設置された星条旗の「その後」をご存じですか?今回は、星条旗の意外すぎる衝撃の真実6選をご紹介いたしましょう。
スポンサードリンク
古代人は「月の先住者」を知っていた?~月の裏側で見た神の姿~
近年「宇宙は存在しないもの」「地球は平面なもの」という主張が広く拡散されています。根拠や理由を調べてみると、信憑性がありその主張が強ち嘘ではなさそうです。 今回は、そんな壮大な宇宙の秘密について深堀りします。
人類は月へ行ってないのか? ~アポロ11号の嘘と本当に迫る~
アポロ11号の月面着陸に関して、実はとある陰謀論が話題になっています。今回は「なぜ人類は最後に月に行ってからの期間が50年近くも空いているのか」についての意外な理由とともにお話していきましょう。
人類の危機 避難先は火星!? ~火星移住計画は人類滅亡を予見していた~
スペースX社の設立者であるイーロン・マスク氏をご存知でしょうか。彼は2026年に火星への有人飛行を、最終目標は人類の火星移住だと明言しています。果たして彼は、人類を火星に移住させることができるのか、一緒に見ていきましょう。
スポンサードリンク
超古代基地が地球を監視している ~南極と月に隠された秘密~
2021年、アメリカ政府はUFOの目撃情報を公開しました。UFOに対する議論は今も世界中で続いていますが、さまざまな説やエピソードが一人歩きしている状態です。今回は、UFOのエピソードのうちの1つをご紹介していきます。
アポロ計画で月の裏で見たもの ~極秘で続いていた計画の謎~
地球からは絶対に月の裏側を見ることはできません。そんなミステリアスな月の容貌が明らかとなってきました。今回は、アポロ宇宙飛行士が見た、驚愕の宇宙の裏側をご紹介します。
マジェスティック12と宇宙の秘密 ~米国政府が握る極秘とは~
宇宙の秘密が隠されている「極秘のグループ・マジェスティック12」についてご存知ですか?マジェスティック12とは何なのか、歴代の米国大統領との関係は? 宇宙にまつわる真相に迫ります。
スポンサードリンク
宇宙先進国のソ連が夢破れた理由 ~アメリカ一人勝ちの裏側とは~
宇宙開発を牽引していたソ連の月への到達は、夢へと砕け散りました。アポロ計画成功の陰で、宇宙先進国のソ連に一体何があったのでしょうか。今回はその知られざる裏側を見ていきましょう。
アポロ計画はなぜ終わったのか? ~月の裏側ダークサイドムーンの謎~
新たな月面探査のプロジェクトである「アルテミス計画」が発表されました。 なぜアポロ17号から50年もの間、月探査が行われなかったのでしょうか。今回は、その謎についてご紹介します。
有人月面探査 アルテミス計画 ~日本も参画する宇宙計画の全貌~
米国のNASAは、これまで多くの宇宙探査計画を実行に移してきました。有人月面探査「アルテミス」と名付けられたこの計画では、宇宙飛行士は月の周りを回っている有人拠点である「ゲートウェイ」にて、着陸船への乗り換えが計画されています。今回は、このアルテミス計画について詳しくご紹介します。
現代版「ノアの方舟」計画 ~地球の生物の性染色体を月に?~
今、地球は何度目かの多種生物絶滅の危機的状況にいるかもしれないのです。そして、その危機を回避するためにとある計画が練られていますので、今回はその計画についてご紹介します。
NASAが発見した月に関する新事実 ~人類宇宙進出計画との関係~
アメリカ航空宇宙局(NASA)が、2020年10月に驚くべき発表をしました。成層圏赤外線天文台(SOFIA)が月に関する”エキサイティングな新発見”をしたというのです。今回は4つの可能性と その真実に迫ります。
UFOを証明する衝撃写真!? ~大組織が必死に隠していた真実とは~
「UFOの存在を信じていますか?」メディアで取り上げられるような証拠写真と言われるものの中には、本物か疑わしいものもあります。今回は、NASAが隠していた強力なUFOの証拠についてご紹介します。
三角形のUFOの実態 ~アメリカ最新鋭戦闘機TR-3B~
三角形のUFOと呼ばれ、地球製ではないかと言われている「TR-3B」が月面で発見されたそうです。最新のTR-3Bは、月まで行けるらしいのですが多くの謎に包まれています。今回はそんな「TR-3B」について解説します。
アポロの遺産 「コーナーキューブ」 ~月面に残された小さな鏡~
地球と月の距離を正確に求めるために、アポロ計画で月面に残されたレーザー反射鏡の存在を、皆さんはご存知でしょうか? 今回は、コーナーキューブプリズムとも呼ばれるその装置を使った実験の詳細などについてお話ししていきたいと思います。
地球に「第2の月」現る ~期間限定の月 ミニムーン~
地球の周囲を回っている衛星のような天体が新たに発見され、月が2つ存在していることが明らかになりました。今回は第2の月、ミニムーンとは一体どんな物なのか見ていきましょう。
月に関する妄想や陰謀説10選 ~不可思議な魅力溢れる天体~
宇宙の中で、地球に一番近くて馴染みの深い天体である月は、私たち地球人にとって太陽の次に重要な星だと言えます。今回は、月が持つ不可思議な特徴とそれにまつわる陰謀論をご紹介いたします。
なぜ月にあんなものが? ~宇宙飛行士が残したトンデモナイもの~
最後の月面着陸から44年という月日が流れてはいますが、これまでの着陸の際に様々なものを人類は残してきました。今回は、宇宙飛行士たちが持ち運んだ様々なものをご紹介しようと思います。

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました